ツール・サービス

ラッコキーワードの使い方は?登録やKWプランナーとの連携も紹介

キーワードを選ぶのに『ラッコキーワード』ってツールが良いって聞いたよ。どんな使い方があるの?

『ラッコキーワード』は新しくなって機能も充実し、より使いやすくなったよ♪

登録方法や『キーワードプランナー』を使ったキーワードの選び方も教えるね。

ゆうか堂

 

 

『ラッコキーワード』は、あるキーワードからサジェスト(関連)キーワードを取得できる、便利なツールです。

 

長い間、多くのブロガーやアフィリエイターに愛用されてきた『関連キーワードツール( 仮名・β版 )』がリニューアルし、さらに使いやすくなりました。

 

ここでは、そんな『ラッコキーワード』の登録方法から機能や使い方、Googleの『キーワードプランナー』を併用した関連キーワードの選び方についても見ていきます。

 

 

ラッコキーワードとは?

ラッコキーワードとは?

2012年6月からサービスを開始した、キーワードリサーチツール『関連キーワードツール( 仮名・β版 )』が、2020年7月に終了。

サービスを引き継ぐ形で、『ラッコキーワード』と名前を変えてリニューアルしました。

 

検索上位に表示される記事を書くために、キーワードを選ぶのは何よりも重要。

『ラッコキーワード』では、検索窓にビッグキーワード(1語のみのワード)を入力するだけで、関連するミドルキーワード(ビッグキーワード+○○)を一括表示してくれます。

 

利用は無料ですが、1日に検索できるのは20回まで。

ただし、「ラッコID」に登録することで無制限に利用できます。

 

ラッコID&ラッコWEBサービスとは?

「ラッコID」とは、サイト運営に色々と役立つ『ラッコWEBサービス』を利用できるアカウント。

 

『ラッコWEBサービス』には、『ラッコキーワード』に加えて以下のサービスがあります。

  • ラッコM&A        :サイト売買プラットフォーム
  • ラッコドメイン     :ドメイン取得・管理サービス
  • 中古ドメイン販売屋さん :オールドドメイン専門の販売サイト
  • ラッコIDアフィリエイト :ラッコWEBサービスをアフィリエイトできる
  • ラッコツールズ     :「文字数カウント」「見出し抽出」など、簡単に使えるWebツール

 

 

ラッコキーワード(ラッコID)の登録方法

ではここから、「ラッコID」の登録方法を、画像を交えて紹介していきます。

 

まず、以下のリンクからサイトに入ります。

【ラッコキーワード】

 

 

ラッコキーワード(ラッコID)の登録方法

サイトに入ったら、右上の「新規登録」をクリック。

 

 

ラッコキーワード(ラッコID)の登録方法
  1. メールアドレスを入力
  2. 「ラッコID利用規約」をクリックして目を通し、問題なければチェック
  3. 「登録」ボタンをクリック

 

 

ラッコキーワード(ラッコID)の登録方法

「登録のご案内」というメールが届きます。

メールに記載されている「認証URL」をクリック。

 

これで「ラッコID」への登録が完了です。

 

 

ラッコキーワードの機能・使い方

ここからは、『ラッコキーワード』の機能や使い方を見ていきます。

 

 

サジェストを見る

ラッコキーワードの使い方

トップページの検索窓に、調べたいワードを入力。

ここでは、「ネットビジネス」と入れてみます。

 

右側の虫メガネのボタンをクリックするか、Windowsでは「Enter」キーを押します。

 

 

ラッコキーワードの機能・使い方

中央部分に、Googleで検索されたことのある「ネットビジネス」に関連するキーワードが、ズラッと表示されました。

 

この一覧から、どのキーワードが検索上位を取れそうか、需要があるか、収益につながりそうか・・など、一つひとつ見極めながら選び、記事を書いていきます。

 

 

下層関連キーワード&検索結果表示

下層関連キーワード&検索結果表示

表示されたそれぞれのキーワードの右側には、それぞれ上のような2つのマークが付いています。

 

 

下層関連キーワード

下層関連キーワード

左側のボタンをクリックすると、「そのキーワードの下に位置する、関連キーワード」を見ることができます。

例えば上の画像の「ネットビジネス 種類」の横のボタンをクリックすると・・

 

 

下層関連キーワード

別タブが開き、「ネットビジネス 種類+○○」と、さらに下層に関連する「スモールキーワード」の一覧が表示されました。

 

ブログを立ち上げて間もないうちは、このような検索数のより少ないスモールキーワードで記事を書き、検索上位を狙っていくのが基本ですね。

 

 

キーワードの検索結果

キーワードの検索結果

また、右側のボタンをクリックすると、

 

 

キーワードの検索結果

こちらも別タブが開き、そのキーワードで実際に検索した結果が表示されます。

 

キーワードを選ぶ上では、検索結果にどんなサイトが上がってるかチェックするのは必須。

こうやって1クリックで即座に結果が表示されるのは、とても便利ですね。

 

 

その他の情報を見る

ラッコキーワードの使い方

左のメニューから、最初に紹介した「サジェストを見る」以外にも、キーワードに関する様々な情報を見ることができます。

 

 

Q&Aを見る

Q&Aを見る

Q&A方式で知識や知恵を共有するサイト『Yahoo!知恵袋』・『教えて!goo』での、キーワードに関する記事を見ることができます。

 

 

ニュース/話題の記事を見る

ラッコキーワードの使い方

キーワードに関する、ネット上のニュースや話題の記事が表示されます。

 

 

Googleトレンドを見る

ラッコキーワードの使い方

キーワードがGoogleでどのくらい検索されているか、時系列データがグラフで示されます。

 

 

共起語βを見る

ラッコキーワードの使い方

キーワードと共によく使われてる言葉「共起語」の情報が見られます。

 

 

周辺語・連想語を見る

周辺語・連想語を見る

キーワードと関連性が高い「周辺語」・「連想語」を表示します。

 

 

類語・同義語を見る

類語・同義語を見る

キーワードの類語・同義語を表示します(「ネット」で調べてみました)。

 

 

 

『キーワードプランナー』で検索ボリュームを調べる方法

『ラッコキーワード』で抽出した関連キーワードを、Googleの無料ツール『キーワードプランナー』を使って検索ボリュームを調べる方法を紹介します。

 

 

『キーワードプランナー』で検索ボリュームを調べる方法

関連キーワードを表示させたら、右上の「全キーワードコピー(重複除去)」をクリック。

 

 

『キーワードプランナー』で検索ボリュームを調べる方法

『キーワードプランナー』にログインし、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリック。

 

 

『キーワードプランナー』で検索ボリュームを調べる方法

枠の中に、先ほどコピーした関連キーワードをペースト(貼り付け)し、「開始する」をクリック。

 

 

『キーワードプランナー』で検索ボリュームを調べる方法

「過去の指標」をクリック。

 

 

『キーワードプランナー』で検索ボリュームを調べる方法

「月間平均検索ボリューム」をクリック。

 

 

『キーワードプランナー』で検索ボリュームを調べる方法

『ラッコキーワード』で抽出した関連キーワードのおよその月間検索数が分かり、上から多い順に表示されました。

また、競合性の高さや、検索上位に表示された場合の広告単価なども見ることができます。

 

おもにキーワードと検索ボリュームを見ながら、自分が記事を書くべきキーワードを探していきます。

この状態では検索数は大まかにしか分かりませんが、ブログにまだ記事が多く入ってない時期は、基本的に100~1000の「ロングテール(スモール)キーワード」を狙っていきましょう。

 

 

まとめ

以上、キーワードリサーチツール『ラッコキーワード』の登録方法や機能・使い方、『キーワードプランナー』を使って検索ボリュームを調べる方法を紹介してきました。

 

ブログやサイトで結果を出すには、まずは検索上位に入る記事を書くためのキーワード選定が最も重要ですね。

『ラッコキーワード』にはキーワード選定に必要な機能や情報がぎっしり詰め込まれてるので、使いこなしてコツコツ記事を書いていけば、必ず成果はついてくると思います。

 

▼こちらからどうぞ▼

 

-ツール・サービス

Copyright© ネットビジネス覚え書き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.