VPN

VPNとは?

2020年、新型コロナウイルスという未知の感染症に世界が覆われています。

ここ日本においても、他人との接触を極力減らす事が国によって求められ、仕事においても会社に通勤せずに、自宅でのテレワークが推奨されています。

 

ところで、こういったテレワーク、もしくはオフィスを離れて行うリモートワークにおいてネット環境はほぼ必須です。そこで、よりセキュリティが高く、安定し快適な環境を構築する上で『VPN』というものが必要になってきます。

しかし、最近にわかに注目を集めているVPNですが、よく分からない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、PCやインターネットについて詳しく知らない人にむけて、できるだけ分かりやすく、VPNについて説明していこうと思います。

VPNとは?

VPNとは『Virtual Private Network』、日本語に訳すと『仮想プライベートネットワーク』の頭文字を取った名称です。

インターネット上に仮想の専用線を設定し、セキュリティが高く、プライベートなデータ通信を行う事ができます。

 

2年プラン月額3.29ドル快適なオンラインセキュリティー今すぐNordVPNをゲット【NordVPN.com】

トンネリング技術

VPNでは、『トンネリング』という技術を使って、相互間のやり取りを行います。

インターネットの中でお互いをまるでトンネルでつなぐかのように相互接続し、内部でデータ通信を行います。またデータを暗号化し、第三者から情報を傍受・盗聴される危険性が少なく、高いセキュリティを実現します。

VPNのメリット

無料Wi-Fiの利用におけるリスク低減

街中でネットをする場合、あちこちのお店等にある公衆Wi-Fiを利用する事も多いでしょう。

しかしそういった環境では第三者によるアクセス・データの盗聴などの危険性も高いものがあります。

VPNを利用する事でより安心してネットを利用する事ができます。

疑似的LANの構築

会社から遠く離れた場所で企業内LANにアクセスし、データのやり取りを行えます。

距離の影響を受けず、離れた拠点間で疑似的なLAN環境を構築できます。

低コストでのネット環境整備

以上のような拠点間のネット環境を専用線を設けて構築するとなると、膨大な費用がかかります。

VPNならば、既存のインターネット回線を用いるため、低コストで拠点間をつなげたネット環境を整備する事ができます。

VPNのデメリット

100%安心なセキュリティではない

デメリットと言うべきことではないかも知れませんが、情報漏洩のリスクが全くないとまでは言い切れません。

それでも、VPNを利用する事で高いセキュリティは確保される場面は多いです。

通信速度が物足りなくなる可能性も

時間帯や接続するサーバーなどにもよりますが、公衆回線を使うものであり通信速度が遅くなる場合もあります。

また、データのやり取りを暗号化して行うため、VPNを利用しない場合と比べて遅くなる可能性もあります。

モバイル端末におけるバッテリー消費の増大

外出先などで、スマホなどモバイル機器でVPNによる通信を行う場合など、通常のネット利用と比較してバッテリーの消耗が激しくなる状況も考えられます。

利用するにはルーターやソフトが必要

VPN導入にあたり必要なものは、拠点やLANを結ぶ専用のルーターです。

それぞれの場所に一つずつ必要となります。

また、外出先などでモバイル端末で利用するには、VPN用のソフトウェアをインストールする必要があります。

まとめ

以上、最近にわかに注目を集めるVPNというシステムについて見てきました。

 

現在のところ、日本においてはまだ収束が見えてないコロナ感染。この大きな社会的混乱を機に、これまでの仕事のあり方も見直されつつあり、その流れでVPNへの関心も今後どんどん高まっていきそうです。

人それぞれに合った多様な働き方を実現する上で、テレワークやリモートワークが今後もどんどん広がると思うし、それに従ってVPNもより重要なシステムとして発展していくのでしょう。

 

 

-VPN

Copyright© ネットビジネス覚え書き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.