WordPress

WordPressテーマ『LIQUID PRESS』の評判・口コミは?

2020年6月28日

WordPressテーマ『LIQUID PRESS』どんな特徴やメリットがあるの?
ワードプレスで有料テーマを買おうかと思ってるんだけど、他の人と被りたくないんで使ってる人が比較的少ないテーマが良いなぁ。あと、できれば安い方がありがたいんだけど・・。

 

OK!それならWordPress公式テーマの『LIQUID PRESS』なんてどうですか?
ゆうか堂

 

WordPressのテーマは国産のものもあれば外国産もあり、無料だったり有料だったりと、星の数ほどと言ったら大げさかもだけど膨大な種類が出回ってますね。

そんな中で、国産テーマの『LIQUID PRESS』は知名度はそれほど高くないものの、独自の機能があって価格もお手頃な、使いやすいテーマです。

 

ここでは、『LIQUID PRESS』の特徴やメリット&デメリット、さらに評判や口コミまで、詳しく見ていこうと思います。

 

LIQUID PRESSとは?

LIQUID PRESS(リキッドプレス)』とは、簡単にスマホ対応ホームページが構築できる、国産のレスポンシブWordPressテーマです。

国産テーマでは数少ない『WordPress公式有料サポートテーマ』に登録されており、シンプルで軽量、また「レスポンシブプラス」「多言語対応(一部テーマ)」など独自の機能を持っています。

 

運営会社は、鳥取県米子市にある2016年4月設立の『リキッドデザイン株式会社』になります。

【LIQUID PRESS】

 

テーマ展開

『LIQUID PRESS』は用途や特徴のそれぞれ異なった、8つのテーマがあります。

名称用途特徴価格(税別)
LIGHTブログ・オウンドメディアシンプルなデザインと機能無料、
3,600円(サポート付き)
MAGAZINEブログ・オウンドメディア本格的なメディア運用に8,900円
CORPORATE企業サイト多言語対応9,900円
LPランディングページ用本格的なLPを簡単作成9,900円
INSIGHTブログ・オウンドメディアコンテンツ分析βツール搭載8,900円
SNARTブログ・オウンドメディアオシャレなデザインと機能性7,900円
APPアプリランディングページ用アプリLPに特化したデザイン9,900円
PORTFOLIOポートフォリオ・ギャラリー用美しいコンテンツ作成に特化6,900円
※オウンドメディア(owned media)とは、自社で運営・情報発信するブログやサイト、ウェブマガジンなど。

 

また、「サブスクリプションプラン」があり、全てのテーマ&プラグインの使い放題・継続サポート・カスタマイズなどが可能です(年額11,760円~23,760円・税別)。

 

LIQUID PRESSのメリット

WordPress公式有料サポートテーマ

国産テーマでは数少ない、WordPress公式有料サポートテーマ。品質やセキュリティ面でも信頼度が高く、安心して利用できます。

また、WordPressの新機能にもいち早く対応でき、公式プラグインも安心して導入が可能です。

 

レスポンシブプラス機能

「レスポンシブデザイン」とは、PCやスマホ・タブレットなど閲覧者のデバイスに関わらず、画面サイズに応じて(レスポンシブに)、柔軟に見やすく表示できる手法のこと。

スマホにおけるユーザビリティも向上するため、Googleもこのレスポンシブデザインの使用を推奨しています。

 

『LIQUID PRESS』ではレスポンシブデザインに加えて、ユーザーがスマホでPC表示に切り替えられる『レスポンシブプラス』という独自機能を備えています。

 

Bootstrap対応

Twitter開発者が公開したフレームワーク『Bootstrap』に対応。

豊富なデザインパターンを備えており、HTML/CSSの知識があれば、より高度なカスタマイズが可能です。

 

ウィジェットの柔軟な設定が可能

各ウィジェットごとに、スマートフォンとPCで、異なるウィジェットを表示することができます。

 

それぞれ1から4カラムまでのカラム設定をして、 サイトレイアウトを自由自在にカスタマイズ可能。

スマホとPCでカラム数を変えるなどの設定も簡単に行えます。

日本語対応高品質WordPressテーマ

 

シンプルかつ軽量

 『LIQUID PRESS』は、非常にシンプルな構成で設計された軽量テーマです。

 

例えば『LIQUID LIGHT』は37ファイルで構成されていますが、これはデフォルトWordPress公式テーマ『Twenty Fifteen』の50ファイルよりも少ない構成。

海外のテーマでは500ファイルを超えるテーマもあります。

 

シンプルな設計のため、最小限のコストでカスタマイズやメンテナンスが可能です。

 

多言語対応

多言語対応

『LIQUID CORPORATE』では、プラグイン不要で多言語化することができ、グローバル展開も可能です。

言語間の切替リンクを自動表示したり、言語サイト別にデザインを変えることもできます。

 

コンテンツ分析βツール

『MAGAZINE』・『INSIGHT』・『SMART』では、「コンテンツ分析βツール」を搭載。

 

WordPress管理画面で、記事の閲覧数やシェア数などをまとめて把握できます。

独自のコンテンツスコアやキーワード出現数を確認したり、CSVファイルのエクスポートも可能です。

 

CTA機能

『MAGAZINE』・『INSIGHT』・『CORPORATE』では、CTA(コール・トゥ・アクション)機能を搭載。

 

記事ページの下部に、コンバージョン(Webサイトで獲得できる成果)につなげるシェアボタン・フォローボタンなどを表示できます。

「お問い合せ」や「資料請求」など、リンク先も自由に設定可能です。

 

複数サイトで使いまわしOK

1つのテーマを、複数のサイトで利用することが可能です。

 

著作権表示が削除可能

フッターの著作権表示はプラグインやコードの編集作業なしで、管理画面から簡単に削除できます。

 

サブスクリプションプラン

『LIQUID PRESS』は多くのテーマで一般的な買い切り方式とは別に、上記でも説明した「サブスクリプションプラン」があり、それぞれ特徴のあるテーマを使い放題できます。

 

一年単位の自動更新で、無期限のサポートや拡張プラグインの利用、各種サービス割引、カスタマイズに関するWordPressプロフェッショナルのサポートなども受けられます。

 

比較的安い

一番高いテーマでも9,900円(税別)。

また、全てのテーマが使い放題の「サブスクリプションプラン」でも11,760円(税別)から利用できます。

 

他の有料テーマと比べて、良心的な価格と言えるのではないでしょうか。

【プロが選ぶ高品質 WordPress テーマ】

 

LIQUID PRESSのデメリット

電話サポートは無し

『LIQUID PRESS』では、電話・チャットによるサポート対応はありません。

 

また、一般的な「買い切り方式」で購入した場合、導入後30日間のみメールによるサポートが受けられます。

継続的なメールサポートを受けたい場合、サブスクリプションプランを契約する必要があります。

 

一般的な購入方法では30日間しかメールサポートが受けられないものの、「サブスクリプションプラン」では11,760円(税別)からで1年間対応してもらえます。

8種類のテーマが使い放題&1年間メールサポート付きでこの料金なら、かなりお得と言えますね。

 

LIQUID PRESSの評判・口コミ

ここからは、Twitter上でつぶやかれたLIQUID PRESSに関する評判や、口コミなどを紹介していきます。

 

 

 

 

 

皆さん、テーマ変更でどれを選べば良いか悩まれてるようですね。

LIQUID PRESSはWordPress公式有料テーマで価格もお手頃、かつシンプルで使いやすいテーマ。8つのバリエーションがあり、自分の望むサイトに適したテーマが必ずあると思います。

どうしても選べない場合は、全てのテーマが使い放題の「サブスクリプションプラン」もオススメです。

ゆうか堂
レスポンシブル+PC表示切り替えOKのWordPressテーマ

 

 

 

ちょっと余談ですが、開発元の『リキッドデザイン株式会社』は、LIQUID PRESS以外のテーマでも使えるプラグインを配布してますね。

LIQUID BLOCKS』は最新ブロックエディターGutenbergに対応した、ブロックテンプレート作成プラグイン。

LIQUID SPEECH BALLOON』は、この文章のように「会話形式の吹き出し」が作れるプラグインで、どちらも重宝しそうですね。

それぞれ無料で、WordPressの管理画面からインストールできます。

ゆうか堂

 

オススメしたい人

『LIQUID PRESS』をオススメしたい人は、

  • 安い有料テーマを探してる人
  • 多言語対応のサイトを作りたい人
  • 複数のメディアを作る予定のある人
  • 複数の特色の異なるテーマを使いたい人
  • 使ってる人が少ないテーマを使いたい人
  • コンテンツ分析ツール付きのテーマを使いたい人

以上のような人になります。

 

特に「サブスクリプションプラン」を利用すれば、通常なら1種類分のテーマの料金で、ブログ・企業サイト・クリエイター向けサイト・ランディングページ等々、様々なメディアが作れてしまいますね。

 

まとめ

以上、国産WordPress公式テーマの『LIQUID PRESS』について、特徴やメリット&デメリットを紹介してきました。

 

シンプルで使いやすく独自機能もあり、お手頃価格。

8種類ものテーマを使い放題というお得なプランもあって、色々試してみたり複数のメディアを持ちたい人にとっては、要注目のテーマですね。

 

▼詳しくはこちら▼

WordPressテーマならLIQUID PRESS

 

-WordPress
-

Copyright© ネットビジネス覚え書き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.